MENU

【犯罪被害】家族や友人との楽しいキャンプだったのに!キャンプグッズを盗まれないように回避する!

どんな被害?
家族や友人との楽しいキャンプで使う調理道具などのガスコンロ、ゆったりくつろげる椅子などは案外高価な商品です。これらのギア(道具)を使用した後、ちょっと付近を散策や買い物で離れたり、近くの温泉に行っている間に盗まれることがあります。

犯人の気持ち
「あ~。周りはあんな高い物買えていいなあ。」「あれ、出しっぱなしにして全員何処か行ってしまったぞ。」「今なら盗んでも誰にも気づかれないし、このまま帰ってもいいかな。」「リサイクルで売れば高く売れるかも。」

犯行方法
キャンプ場では見知らぬ人ばかりで、数人でキャンプ場を使う時は代表者の連絡先等しか受付で記入しません。誰が何時から何時まで利用していたのか細かくはチェックもありません。更にキャンプ場を下見に来ただけとの理由でキャンプ場内を歩いているだけの人も居ます。大自然の中で気が緩んでしまい高価な椅子や小型テーブルなど1人でも簡単に持ち運べるギア(道具)をテントの前やタープ内に放置してしまえば、周りの人達は誰がテントやタープの持ち主か知らないの気にしません。犯人は何食わぬ顔でそのまま持って行ってしまえます。

回避方法
・放置しない
キャンプ場は利用客ではない者が歩いていても不審者だと思われないので、ギア(道具)を放置したまま出掛けてしまうと格好の標的になってしまいます。テントやタープから離れる時は必ずボックス内や車内に入れたり、簡単に持っていかれないように椅子などのギア(道具)同士をロープで結だりしましょう。
・名前を記入する
ガスコンロなどの高価なギア(道具)でも量産品なので、もし犯人が捕まって被害品があっても、あなたの物か個別判断することが難しいことがあります。ギア(道具)に目立つように名前が書かれていれば、盗む犯人も売りづらいので諦めることもあるでしょう。もし盗まれて中古販売店に売られてしまっても、そのままの状態だったら被害品があなたの物だと特定できるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次