MENU

【交通事故】駐車場から急発進!「踏み間違え」を回避する方法!

えっ!止まらない!
踏んでいるのに車が止まらない!ブレーキとアクセルを踏み間違えた人が説明することです。ブレーキが壊れたと話すのですが、事故後の車を確認するとブレーキは正常に作動します。

なぜ?
さらに車は減速ではなく、加速して車止めや支柱を超えて店舗や建物に衝突しており、ブレーキを踏んでいるつもりでアクセルを踏んでしまっていたのです。これは高齢者になると足裏のセンサーが鈍くなるため顕著になります。そして、足をひねる柔軟性が弱くなり、足の可動域が狭くなることも関係します。

回避方法!
・運転時の足の置き場
今はオートマティック車が主流なので右足だけで加速、減速をしています。それなので、右足をあまり動かさず右足首を左右にひねりながらアクセルとブレーキを操作している人が多くなりました。足首をひねる場合外側よりも内側にひねる動きは柔軟性が必要であり、柔軟性がないと曲げるのに大変です。「踵を最初に置く場所」をアクセルペダル後方に置くと、ブレーキペダルにひねる動きが大変でブレーキペダルに届いていないかもしれません。それなので「踵を最初に置く場所」をブレーキペダル後方に置けば、アクセルペダルからブレーキペダルに足を移動するのも無理なくできます。
・車のシステム補助
こちらはお金が掛かりますが、非常に有効です。『トヨタ』は、ブレーキとアクセルの踏み間違えを検知する「インテリジェント クリアランス ソナー」を搭載しています。このシステムは、駐車場などで前方や後方に障害物がある場合に、ブレーキとアクセルの踏み間違えを判断し、自動的にブレーキをかけて衝突を回避します。『日産』は、ブレーキとアクセルの踏み間違えを防止する「エマージェンシー アシスト for ペダルミス」を採用しています。このシステムは、走行中にアクセルペダルを急に踏み込んだ場合に、周囲の状況をカメラやレーダーで分析し、ブレーキとアクセルの踏み間違えである可能性が高いと判断したら、エンジン出力を制限して加速を抑えます。『ホンダ』は、ブレーキとアクセルの踏み間違えを検出する「ペダルミス アクセル制御システム」を導入しています。このシステムは、停止状態から発進する際にアクセルペダルを強く踏んだ場合に、ブレーキとアクセルの踏み間違えであると判断し、エンジン出力を低下させて加速を抑制します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次