MENU

【犯罪被害】持っているハンドバッグを盗む『ひったくり』の被害を事前に回避しよう!

どんな被害?
仕事帰りや買い物帰りで1人歩いて家に向かっている時、後ろから走ってきたり、スクーターで追い抜きざまに手に持っていたバッグを盗まれることが『ひったくり』です。

犯人の気持ち
「金欲しいなぁ。」と思っている犯人が、仕事帰りや買い物帰りの女性やおばあちゃんの手にバッグを持っているのを見ると「あっ!走って逃げれば追いつかれなそうなのがいる。」「周りに人が居なくなったら後ろから近づいてバッグを盗って全力で走ればバレないだろう。」

犯行方法
体力のある若い男性なら、後ろから近づいて持っていたバッグを強引に引っ張って取り上げたあと、全力で走って逃げます。
スクーターに乗っている時も、後ろからゆっくり近づいてきて、手に持っていたバッグを強引に引っ張って取り上げたあと、アクセル全開で走り逃げます。

回避方法
・道路側の手でバッグを持たない
犯人は後ろから追い抜きざまにバッグをひったくって、そのまま逃げたいので、道路側(道路の右端を歩いている時はは左手)の手にバッグを持っていると盗まれやすいです。
・なるべく大きな道路を使用し、路地裏のような道は避ける
犯人はお金がほしいときには、多少強引に力づくでも盗もうとするので、人目の多い大通りを使って明るい街灯の道を利用する。
・リュックサックなど背負えるバッグにする
手提げバッグやショルダーバッグを片手で持っている時、後ろから不意に近づかれると簡単にとられてしまうので、小さなリュックサックなどを使用すれば犯人も最初から諦めるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次