MENU

【運転】運転中に突然の下痢!やばい!何とかトイレまで繋げる方法!

ウ~ンお腹が痛い!
通勤や旅行中に突然お腹が痛くなり、トイレに行きたくなります。しかし、スグにコンビニやサービスエリアなどの休憩所はありません。おしりはムズムズ!冷や汗ダラダラ。

まずはトイレまで繋げる方法!
・下痢止めの薬を飲む
普段からお腹がゆるい人は市販の下痢止めの薬を所持し、何かお腹がおかしいと思ったら服用しましょう。
・足のポジションチェンジ
車を運転している時、両膝が離れ大股になっていませんか。一般的には、両膝を開けると肛門を閉める筋肉が弛緩しやすくなり、両膝を締めると肛門を閉める筋肉が収縮しやすくなります。どうしても運転を止めることができない時は両膝を付けて内股気味に運転してみましょう。
・手のツボを押す!

  • 大腸兪(だいちょうゆ):手のひらの親指と人差し指の間にある骨の突起のすぐ下にあります。このツボを押すと、大腸の働きを整えて下痢を改善すると言われています。
  • 三陰交(さんいんこう):手首の内側にある、小指側の静脈が見えるくぼみです。このツボを押すと、腹部の緊張をほぐして下痢を止めると言われています。
  • 腕沖(わんちゅう):手首の外側にある、親指側の骨と小指側の骨の間にあるくぼみです。このツボを押すと、胃腸の働きを活発にして下痢を予防すると言われています。

運転中の下痢の主な原因

  • 食中毒や胃腸炎などの感染症。
    食べ物や水が汚染されていたり、手洗いが不十分だったりすると、細菌やウイルスに感染して下痢を起こすことがあります。特に、生ものや揚げ物などの消化に時間がかかる食べ物は要注意です。
  • 過敏性腸症候群(IBS)や過敏性膀胱症候群(OAB)などの慢性的な疾患。
    ストレスや不規則な生活、食事のバランスの乱れなどが原因で、腸や膀胱の働きが異常になり、下痢や頻尿を引き起こすことがあります。特に、運転中は緊張や焦りが高まるため、症状が悪化する可能性があります。
  • 薬剤の副作用。
    下剤や抗生物質、抗うつ薬などの薬を服用している場合、下痢を引き起こすことがあります。特に、薬を飲むタイミングや量に気を付けないと、効果が強く出すぎたり、逆効果になったりする可能性があります。
  • アレルギーや食物不耐症。
    乳製品や小麦製品、卵などの食べ物に対してアレルギー反応や不耐症を起こす場合、下痢や腹痛を引き起こすことがあります。特に、自分がアレルギーを持っているかどうか分からない場合や、外食時に食べ物の成分を確認しない場合は要注意です。

運転中の下痢を防ぐためには、以下のような対策が有効です。

  • 食事に気を付ける。
    清潔で安全な食べ物や水を摂取し、消化に良いものを選ぶようにします。また、食べ過ぎや飲み過ぎを避け、食事の時間を定期的にするようにします。
  • ストレスを減らす。
    運転前に十分な睡眠をとり、リラックスする方法を見つけます。また、運転中は深呼吸をしたり、音楽を聴いたりして気分を落ち着かせます。
  • 薬の服用に注意する。
    処方された薬は指示通りに服用し、副作用が出た場合は医師に相談します。また、下剤や整腸剤などの市販薬は必要以上に使用しないようにします。
  • アレルギーや食物不耐症をチェックする。
    自分がアレルギーを持っているかどうか分からない場合は、医師に検査を受けます。また、外食時は食べ物の成分を確認し、アレルギーの原因となるものを避けます。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次